達人を探せ

炭坑・鉄道の達人

「炭坑の記憶」「鉄道の歴史」を未来へ受け継ぐ

018_p18L

【達人No.018】
吉岡 宏高(よしおか ひろたか)
NPO法人 炭鉱(ヤマ)の記憶推進事業団理事長
アクティビティ:空知を中心とした炭鉱と鉄道遺産の伝道師
活動エリア:岩見沢市
プロフィール:炭鉱町出身(三笠市北炭幌内鉱)。道内の炭鉱の歴史は、鉄道の歴史、そして港湾の歴史でもあります。石炭を掘り、鉄道で運び、港から出荷しています。
NPO法人 炭鉱(ヤマ)の記憶推進事業団では炭鉱遺産を活動テーマとして、「炭鉱の記憶」を、過去の遺産として未来へ受け継ぐとともに、未来を占う貴重な素材として活用し、空知産炭地域の再生に役立てたいと思い活動しています。札幌国際大学観光学部教授として教育面でも活躍中です。

 

■HKオススメ
弊社も北の近代三都物語に参加して、炭鉱や鉄道に関するおもしろいツアーを企画しております。詳細は弊社㈱HKワークスウェブサイトのトピックスに随時掲載いたします。ぜひご参加下さい。

 

■プログラム
・炭鉱遺産や地域の情報を提供するコンシェルジェ
・1909(明治42)年建築の石蔵では、様々な展示やイベントにも対応
・北の近代三都物語活動

 

■炭坑遺産や地域の情報を提供するコンシェルジェ
018_tankou01
1928(昭和3)年建築の木骨石造事務所のマネジメントセンター窓口では、空知地域を中心とした炭鉱遺産や地域の様々な情報を提供しております。

 

■石蔵
018_tankou02
ギャラリーやコンサートなど催事用スペースとして活用しています。内部は、天井から壁にかけてどっしりとした木の構造が見える造りになっています。 中央部分が吹き抜けになった2階建てで、アート展示やコンサートに適した空間です。

 

■北の近代三都物語
018_tankou03
2010年から始まった北の近代三都物語は道内各地でのイベントを展開中です。
北海道産業の基礎を作った空知・小樽・室蘭を結び、その沿線上にある都市も含めて行われる連続催事です。北海道の近代化を支えた「炭鉱」を軸に、機能的につながりをもつ鉄道・港湾・鉄にもスポットを当てた、様々な催しをご用意しています。

 

■炭坑・鉄道の達人に会える体験・交流ツアー
・レンタカーでめぐるのんびり北海道プラン
旭山動物園→十勝アウトドア体験→釧路海産物&霧多布湿原コース
・レンタカーでめぐるのんびり北海道プラン
幌加内ソバ→下川森林浴→滝上ハーブコース
・レンタカーでめぐるのんびり北海道プラン
士別羊毛体験→美深トロッコ→稚内コース